ゴミ屋敷の克服に大切なのは心のケアと大阪の専門業者に頼む事

ゴミ屋敷

寂しさを埋めるゴミ

箪笥を運ぶ人

ゴミ屋敷は寂しくなった気持ちを埋めるために、色んなところからゴミを集めてきてしまう一種の精神疾患にあたるのではないかと私は考えます。ゴミ屋敷に住んでいる人というのは大体が独り身のお年寄りや周りから嫌煙されてしまっている住人なのです。ゴミ屋敷によって更に周りから距離を置かれてしまいそのせいで更にゴミが増えていってしまうという悪い流れが出来てしまうのです。
対策としてはそのゴミ屋敷住人の心のケアが重要になってきます。寂しく感じさせないよう新しい趣味を提案してあげたり色んなところに連れて行って新しい刺激を与えてあげたり、そこで何か変わるものはあると思います。どこかへ行ってから帰ってくると自分の部屋の散らかり方に驚くことは普通の人でも有り得ることなので綺麗に気持ちの整理がついて新しいものに挑戦していけば、そのゴミ屋敷を作る工程を防ぐことができます。
一番行けないのは自治体が注意だけして最後は強制撤去という手段が一番ゴミ屋敷の住人にとって心が埋められず悪循環な手法なのです。寄り添って話を聞いて新しい刺激を与えるだけで心は物凄く強く、かなり前向きになれます。それを促すのが自治体やカウンセラーの仕事なのでまずはゆっくり寄り添って変わらせてあげるのが最善でしょう。

ピックアップ