ゴミ屋敷の克服に大切なのは心のケアと大阪の専門業者に頼む事

ゴミ屋敷

家がゴミ屋敷になってしまう家主の状態

洗濯機を運ぶ人

家がゴミ屋敷になってしまうという事は、当然その家の家主に問題があります。実はごみを捨てられないなどの症状は精神的要因が深く関係しており、もしかしたら精神疾患の可能性がその家主には疑われるのです。もしその原因となっている家主が天涯孤独であったり、家族や親戚との関わりや近隣住民との接触がないのなら、それはもうクロといってもいいでしょう。
そのような方は前述にも上げた「鬱病」や、「セルフネグレクト」と呼ばれる日常生活が散漫になり、自身の環境を掃除する気力の無くなるものや、「総合失調症」という妄想や幻覚に囚われ物を集めてしまうもの。そして家主が高齢の方なら「認知症」の疑いも可能性の一つとして挙げられます。近隣住民や自治体などが、見回りや訪問を速球に行うことが早期の解決につながるのですが、精神疾患の状態の人はこれらの訪問を拒否しがちで、最悪近隣住民との更なるトラブルに発展してしまいます。
このような理由から早めに対処したくても、心の問題と近隣住民との心と思いのずれが原因で、なかなか解決しないのが現状です。長い時間をかけ家主との圧迫感の無い対話をし、徐々に心を開き解決することが重要です。家主だけではなく近隣住民の心構えにも問題があるのかもしれません。

ピックアップ